ひとり親家庭および寡婦世帯の福祉の増進、経済的な自立の助成、生活意欲の助長及び児童の福祉の向上を図るため、 低金利又は無利子での各種資金貸付を行っています。

母子・父子福祉資金

貸付種類

ア)高等学校、専修学校(高等課程)、高等専門学校、短期大学、専修学校(専門課程)、大学、専修学校(一般家庭)など就学に要する資金。
イ)小・中学校、高等学校、高等専門学校、専修学校、大学への入学又は就業施設への入所などに要する資金。
ウ)事業開始又は就職に必要な知識、技能取得に必要な資金。
エ)配偶者のない女子になって間もないひとり親世帯の自立意欲の促進と、生活の安定を図るための生活資金。

寡婦福祉資金

修学、修業、事業開始(継続)、住宅、転宅、就学支度、結婚などの各種貸付制度がありますので、詳しくは母子・父子自立支援員へお尋ね下さい。他にも目的に応じ数種類の貸付制度があり、また、上記貸付金も含め限度額などの要件は、貸付の種類によって異なります。

※各貸付は長崎県母子・父子寡婦福祉資金審査会を通じて決定されます。