高等職業訓練促進給付金事業

ひとり親家庭の母または父が看護学校などの養成機関で修業している場合に、給付金を支給することで生活の負担の軽減を図り、資格取得を支援することを目的にしたものです。一定期間、月ごとに給付する訓練促進給付金と、入学時に要した費用の一部について修了後に給付する修了支援給付金の2種類の給付金があります。

支給対象者

諫早市在住のひとり親家庭の母または父で次の全ての条件を満たす人が対象になります。

  1. 児童扶養手当を受けている人または、同様の所得水準にある人
  2. 2年以上の養成機関において一定のカリキュラムを修業し、対象資格の取得が見込まれる人
  3. 就業または育児と修業の両立が困難である人および資格習得後の就業が効果的に図られると認められる人
  4. 過去に高等職業訓練促進給付金等を受給していない人

対象資格

  1. 看護師
  2. 介護福祉士
  3. 保育士
  4. 理学療法士
  5. 作業療法士
  6. その他就職を容易にするために必要な資格として市長が別に定めるもの

支給額

支給額は、受給者及び同一世帯に属する人(世帯分離を含む)の課税状況により決定されます。

  1. 高等職業訓練促進給付金
    平成24年度以降に入学した人
    ・市町村民税非課税世帯:月額100,000円
    ・市町村民税課税世帯:月額70,500円
  2. 高等職業訓練修了支援給付金
    平成20年度以降に入学し修了した人が対象
    ・市町村民税非課税世帯:50,000円
    ・市町村民税課税世帯:25,000円

支給対象期間

1.高等職業訓練促進給付金

高等職業訓練促進給付金
入学年度 平成24年度 平成25年度以降
支給期間 修業全期間(上限3年) 修業全期間(上限2年)

支給額

市町村民税非課税世帯 月額 100,000円
市町村民税課税世帯 月額 70,500円

2.高等職業訓練修了支援給付金
養成機関において課程を修了したとき(1回限り)

事前相談

受給を希望される人は事前に相談が必要です。

※高等職業訓練促進給付金は支給の申請をした月分からの支給となります。