発熱時の看護ポイント

公開日 2016年03月16日

最終更新日 2016年03月16日

看護ポイント

  • 熱の出始めは寒気がするので温かめに、熱が上がりきったら涼しくしてあげましょう。
  • お子さんが暑そうなら涼しく、寒そうなら温かく、ねまきやふとんを調節してあげましょう。
  • 脱水をおこさないよう、水分補給をこまめに。
  • お子さんが気持ちよさそうだったら、保冷剤などで冷やしてあげましょう。
  • 熱があっても元気な場合は、38.0度~38.5度以下なら解熱剤は使用しないようにしましょう。

ひとことメモ

赤ちゃんは体温調節機能が未熟なため、室温や衣服の着せ方によって体温が上がることもあります。
普段から体温を測り平熱を知っておくことが必要です。平熱よりも1度以上高く、適切な室温や衣服で安静にさせ、30分後にもう一度測っても下がらないなら発熱といえます。
他にいつもと違う様子がないか確認しましょう。

お医者さんに伝えましょう

  1. 「いつから」「何度の熱が」「どのくらい」続きましたか?
  2. 何か薬を飲ませましたか?飲ませた場合お薬の説明書を持っていきましょう。

お問い合わせ

健康福祉センター
住所:〒854-0061 長崎県諫早市宇都町29番1号
TEL:0957-27-0700
FAX:0957-27-0717
備考:FAXは健康福祉センター宛になります。