子ども医療費助成制度(福祉医療)Q&A

公開日 2016年05月24日

最終更新日 2016年05月24日

医療費の受給

Q:子どもが入院をして、医療費が高額になりましたが、助成額に上限はありますか?

A:助成額の上限はありませんが、医療保険から支給される高額療養費や附加給付などがあればその制度を優先しますので、事前に各医療保険者へ手続きを済ませてください。
また、入院時の食事代、保険外の負担分につきましては、助成の対象外となりますのであらかじめご了承ください。

Q:小児科を受診して医療費を支払い、院外処方により薬局で薬代を支払いました。支給申請書はまとめて1枚で提出して良いですか?

A:医療機関と薬局が別の場合はそれぞれの申請書が必要となります。
その場合、医療機関分は福祉医療の自己負担がありますが、薬局分の自己負担はありませんので保険診療分は全額支給となります。

Q:インフルエンザの予防接種を受けましたが、これも申請できますか?

A:予防接種は、保険給付ではないので対象外です。

小・中学生の申請に関するQ&Aは小・中学生の医療費助成についてをご覧ください。

お問い合わせ

こども支援課
住所:〒854-8601 長崎県諫早市東小路町7番1号
TEL:0957‐22‐1500(代表)
FAX:0957‐22-0431
備考:FAXは健康福祉部宛になります。