第2章 「ラーニング・センター」

公開日 2016年08月03日

最終更新日 2016年08月03日

玉川大学心の教育実践センター  難波克己さん

玉川大学心の教育実践センターの難波さんは、諫早市こどもの城の「子育て支援交流事業」で児童生徒向けプログラムの開発を努めていただきました。
難波さんは、アドベンチャー教育・アドベンチャーカウンセリングの手法を日本に伝えた方であり、ベンチャー型行政とでも言うべき手法を実践している諫早市こどもの城でも、開館前からボランティア研修などで講師を努めていただきました。

そんな難波さんが、諫早市こどもの城のボランティアに問いかけたことです。

「私たち、大人は、どれくらい遊べますか?」

「私たち、大人は、学び続けますか?」

「皆さん自身で、学びを継続するといいのではないでしょうか?」

もう少し、難波さんと話した内容を紹介しながら、諫早市こどもの城を自己分析してみようと思います。

学ぶこと

難波さんは、米国の大学を卒業されました。留学中に抱いた疑問を率直に教官に語ってみたら、卒業の認定をいただいたそうです。難波さんの抱いた疑問とは、学ぶことについてでした。
難波さんと教官とのやりとりは、次のようなものだったそうです。

「私は、米国の田舎にある大学に留学しましたが、ここにある図書館の文献だけでも、一生かかっても読むことができません。」

「ようこそ、博士の世界へ! そうですか、そこにたどり着きましたか。」

このやりとりの意味は、ギリシャの哲学者ソクラテスに関する逸話と似ています。
自分が無知である事を認識することが知であるという話です。
難波さんは、ボランティアの方々に学び続けることを提案されたのです。
ともすれば、ボランティアを対象としたような研修は、施設側が企画することも多いと思われますが、難波さんは、自らその機会を創り出すことに意義を感じられたのです。

このことを受けて、こどもの城のボランティア研修に参加された方々が、自分たちでフォローアップ勉強会を企画されました。
この勉強会には、親、教師、県の親プログラム指導者や行政担当者など、様々な人々が立場を超えて参加しています。
回数も1年間で9回を数え(平成27年末現在)ました。
今後、こどもの城を拠点として、このような学びの機会が充実していくように、支援していきたいと思います。

Adventureの視点

難波さんが提唱する学び方の一つに、楽しさがあります。
楽しさは、同時に学ぶ動機につながります。
同時に、楽しさという感情は最も学ぶことが効果的な条件となると言われています。
難波さんは、国内各地にAdventure Based Counseling の概念や手法を伝えられました。
Adventureと聞くと、大掛かりなことを想像してしまいそうですが、難波さんは、Adventureはもっと身近にあると言われます。
そもそも、AdventureはVenture(チャレンジする)とAdvent(迎える)という二語から成り立っていると言われます。
学ぶこと自体がAdventureとも考えられそうです。

また、難波さんは、カール・ロジャースを引用し、次のような学習の原則を語られました。

  • 人間は、生まれながらにして学ぶ力を持っていること
  • 自分の目的とテーマが関係あると学習者が感じると、学びは促進されること
  • 学習者自身が責任を持って学びの過程に参加するとき、学びは促進されること
  • 現代では、学び方を学ぶことが役立つこと

開館して7年が経とうとしていますが、こどもの城でも同様の考え方を大切にしてきたところです。
特に、学び手に主体を置いた支援をし、時には学ぶ目的がはっきりしない団体・機関からの指導依頼をお断りすることも、ある種の親切であろうと考えてきました。
そうした実践を続けてみたら、年々こどもの城に多種多様の依頼が舞い込むようになりました。
大学の講義や演習、親のコミュニケーション・ワークショップ、中高生の部活などにおけるチーム・ビルディング研修、病院や福祉施設における対応の研修、民間企業や団体の企画や経営の研修、教師・保育士・幼稚園教諭・学童保育指導者の各種研修・・・と増加しています。
いずれも、こどもの城からは、積極的にお知らせしていないのに、口コミで伝わるようです。

難波さんは、何度かこどもの城に訪れ、「多くの市民や利用者にとって、こどもの城がラーニング・センターとして、すでに認知されているのでは」と感じられたそうです。
そして、こどもの城が、その機能を十分に果たせる施設だと感じられたようです。
今後も、こどもの城がこのような依頼にお応えできるのか、まさにAdventureの考えで臨んでみます。

お問い合わせ

こどもの城
住所:〒859-0307 長崎県諫早市白木峰827番地2
TEL:0957-24-8017
FAX:0957-24-8016